Have a
good life

Report
お客様レポート

完成
完成目前!
無垢材とタイルの家 藤枝市MS様邸
時間が経ってしまいました。

久しぶりに現場へ寄らせて頂くと、
あれ!!色々できてる!

今月末には完成予定のMS様邸、
そりゃあそうですよね、今日は17日ですから。


まだ養生があったり、内装作業、配管作業が続いているのですが、
今回は水回りを見ていきます。


まずはキッチン

DSC_6179.jpg

暖色系の小さなタイルがはってあり、とてもかわいいキッチン。

明るくて家事をしながらテレビだってお庭だって眺められちゃいます。

システムキッチンを入れ、収納と棚は大工造作です。


写真真中は、お庭を見ることができる小さな窓。
ここから季節によって変わる庭を楽しめますね。


次はお風呂

前回までは煉瓦とコンクリートの灰色で暗かったのですが・・・

DSC_6182.jpg

この通り。明るくなりました。

脱衣所もさわやかな白いタイルがはってあります。

そして1Fのトイレ

まだトイレの機器が入っていないのですが、
床・壁・天井・手洗いが付きました。

DSC_6183.jpg

こちらも、腰壁にタイルを使用。
可愛いですね!

木とタイルって相性いいですね。


今日はちょっとタイルの話を。

1085197_19198574.jpg


タイルは耐水性と装飾性を持ち、水回りや玄関、外壁などにも使われています。



タイルは土を焼いて作った製品なのですが、
焼き上げる温度で、その性質(呼び方)が違います。


磁 器 1250℃以上で焼き上げる
 −透明性があり、金属製清音がある
 −ほとんど吸水しない

○せっ器 1200℃前後で焼き上げる
 −磁器のように透明性はない
 −やや吸水する 

○陶 器 1000℃前で焼き上げる
 −吸水性が大きく、たたくと濁音がする
 −かなり吸水する

○土 器 800℃前後で焼き上げる
 −素地は有色
 −かなり吸水する

陶器質のタイルは土に近い柔らかな素焼きの感触、
高温で焼かれ、水に強い磁器質タイルとあり、
内装、外壁、壁、天井、屋外の床や寒い場所で使用される場合と
使い分けられています。


最近は可愛かったり、きれいなタイルがいろいろと出ています。
キッチンや洗面所などタイルを使用する方が多いそうですよ。




お引き渡しまであと少し。
職人たちが慎重に仕上げ作業を進めています。
出来上がりがとても楽しみなMS


次は、部屋がどうなっているか、ご報告します。