Have a
good life

Report
お客様レポート

壁の構造
完成藤枝市I様邸 新築工事:完成

順調に木工事が進んでいるI様邸、

先日、お伝えした1階の太鼓根太も張れましたよ!

20150501092635.jpg

今回は壁の構造をご紹介します。

20150501092748.jpg

上の写真のように、壁の構造は
大きな柱と、その間に間柱という細い柱が立てられています。
間柱は、外壁や内壁を固定する役割があります。

また、柱と柱の間にバッテンのように対角線に入れる補強材のことを筋交いといいます。

I様邸もバッチリ筋交いの入った耐力壁です!
筋交いが入った壁は地震や風などの横からの力に抵抗できる強い壁になります。

20150501094213.jpg

外壁は、防水シートが貼られ、

その上に縦胴縁が貼られています。
その縦胴縁の上に横荒らしが取り付けられます。
縦胴縁は、横荒らしを取り付けるための下地材の役割があります。

外壁、内壁ともに工事が進んでいます。

またお伝えいたします(^O^)